温泉川柳

皆様に投句して頂いた作品の中から、温泉全般にまつわる川柳をご紹介します。

タントンくん 川柳を投句しよう!! 投句する

採用作品一覧

すっぴんなもんで
湯上りは みんな下向き 部屋急ぐ
ゆうき
すっぴんは見られたくない乙女心。湯上りはみんな伏し目がちです。
すっぴんなもんで
数える
湯に浸かり もみじの指を 数えてる
中村 公雄
子供が指を折って数を数えながら、湯に浸かっていました。
数える
名湯の呼声高い茶褐色
茶褐色 濁ったお湯に 迷う孫
らいおん
茶褐色の濁り湯とは知らずに、戸惑う孫が印象的でした。
名湯の呼声高い茶褐色
バラ
バラ風呂の 温泉贈る 誕生日
チョコバンク
恋人の誕生日に、バラの花束よりもバラ風呂の温泉を贈りました。
バラ
家族で
家族風呂 男女混浴 水入らず
仲良し
家のお風呂では家族みんなで入浴できません。
家族で
ほっこり
湯につかり 身体も口も 軽くなる
ぽてち
温泉に入るとほっこりして、ついついいらぬことまで話してしまいます。
ほっこり
温泉の土産
温泉の 土産話が 長い妻
メロディ
土産話はノーカット。
温泉の土産
早起き
朝風呂は 三文以上 得と知る
逆ペリカン
朝日を見ながら気持ちいいです。
早起き
ひとりでゆっくり・・
子も育ち ようやく父と 男湯へ
コロの妻
子どもが幼い頃は、家族湯か女湯へ一緒に入っていたのでゆっくりできませんでしたが、今では主人にお任せしてます。
ひとりでゆっくり・・
妻の落差
入る前 入った後は どちら様
高良 中
温泉で先に上がり妻を待っていると、見知らぬ女性に声をかけられ、よく見たら化粧を落とした妻だった。
妻の落差

このページのトップへ