多度温泉の効果的なご利用方法

多度温泉の効果的なご利用方法

ホテル多度温泉の露天風呂・個室露天風呂はすべて源泉掛け流しです。
ここでは、そんな温泉の効能を楽しんで頂くための「効果的な入浴方法」「泉水の波動効果」「デトックス効果」をご紹介します。

効果的な入浴方法

一口に温泉が身体に良いと言っても、それぞれの温泉によって、または症状によって、効能を引き出す正しい入浴方法は様々です。
ここでは、温泉での基本的な注意事項や一般的に効果的な入浴方法をいくつか紹介致しますので、ぜひご参考にして下さい。

温泉入浴するにあたって

温泉では次のことを心がけましょう。

  1. 1 休憩を取りましょう

    入浴前には30分以上の休憩を取りましょう。
    食前、食後は避け、特に食後の入浴は、30~60分の休憩後に。

  2. 2 掛け湯は念入りに

    掛け湯、かぶり湯を念入りに済ませてから、ゆっくり腰から肩まで湯の中へ。徐々に体をお湯の温度にならしていきましょう。

  3. 3 上がり湯はしないのがコツ

    湯から上がるときにシャワーなどで上がり湯をすると、温泉の成分が流されてしまいます。
    湯上りの肌には温泉の成分が残っており、それがじっくり肌から入り込んで効能を発揮してくれます。
    上がり湯はせずにそのまま浴衣を着て、成分がしみ込むのを待ちましょう。

    ※肌に刺激の強い温泉など、泉質によっては上がり湯が必要な場合もあります。

  4. 4 湯文をしっかり読みましょう

    湯文は、湯浴みの心得。
    泉質・効能と一緒に、入浴法と禁忌事項が明示されています。

  5. 5 小刻みな入浴

    小刻みな入浴を心がけましょう。ぬるい湯の半身浴や寝湯であれば長湯もいいですが、熱い湯は注意が必要です。度を越した回数の入浴は身体に負担がかかります。1日3回までを目安にしましょう。

  6. 6 飲んだら入るな!が基本です

    飲酒後の入浴は、心臓に想像以上の負担をかけます。入浴は控えましょう。

全身浴(半座位浴)

比較的深い浴槽に中腰または座って入浴する方法です。入浴温度の差により、次の4つに分類されます。

  1. 高温浴
    高温(43℃以上)に短時間入浴する方法です。
    高血圧や心臓疾患の人は注意が必要です。
  2. 温浴
    41℃前後の中温の温泉に入浴する最もポピュラーな入浴方法です。
  3. 微温浴
    比較的低温(36~38℃)の温泉に長時間入浴する方法です。
    高血圧症や動脈硬化症に効果があります。
  4. 寒冷浴
    7~20℃の低温の温泉に入浴する方法。神経症などに効果があります。循環器に疾患のある人は注意が必要です。

全身浴(寝浴)

37℃前後の比較的低温の浅い浴槽に横たわって長時間(20~30分)入浴する方法です。
リラックスすることができ、精神疲労や不眠症、高血圧症や動脈硬化症に効果があります。

部分浴

体の一部分を温泉に浸らせる、または浴びる方法です。該当する部分によって、「かぶり湯」「打たせ湯」「腰湯」「足湯」などに分けられます。

  1. かぶり湯

    頭部や首筋に温泉をかける方法です。入浴初期の血圧上昇の防止や脳貧血予防に効果があります。

  2. 打たせ湯

    滝の湯とも呼ばれ、滝のように流れる温泉で、肩・首筋・腰などを打たせる方法です。筋肉のこわばりを和らげ、肩こり・腰痛などに効果があります。

  3. 腰湯・足湯

    腰下または足の部分だけを温泉に浸らせる方法です。入浴部分の血流を改善し、冷え性・下肢の血液循環不全に効果があります。

特殊な入浴

温泉そのものへの入浴ではない方法です。
「泥湯」「砂湯」「温泉蒸気浴」「温泉蒸気函浴」「温泉蒸気室浴」などがあります。

泥湯
泥湯
砂湯
砂湯
温泉蒸気函浴
温泉蒸気函浴
温泉蒸気室浴
温泉蒸気室浴

泉水の波動効果

当温泉では、温泉の効能と泉質検査に加え、波動測定も行ないました。
その結果、当温泉の波動値は日本で稀に見る非常に高い数値であり、人体に優れた効果が期待できると評価されました。

波動とは

波動とは、あらゆる物質を構成する原子が、振動することにより生まれる超微弱な生命エネルギーのことです。
そして、人間の細胞の波動の束は、いわゆる「気」と呼ばれ、気の流れを良くする
・・・つまり、波動の乱れを正し、調和させることで、体調の改善やイライラ、怒り、ストレスなどを取り除き、精神的安定が得られると考えられます。

高い波動値

波動は電気的なエネルギーであるため、水を媒介とし飲用したり、皮膚に浸けることで、人体へ働きかけます。
当温泉では共鳴磁場計測項目の全てにおいて、人体に有効とされる高いレベルの波動値が検知されました。特に血液循環、胃、肝臓、皮膚に関する項目は最高レベルに達しており、温泉としてより一層の湯治効果があると評価されました。

共鳴磁場計測項目と波動測定値
測定項目 波動
測定値
測定項目 波動
測定値
測定項目 波動
測定値
測定項目 波動
測定値
免疫 19 21 胆のう 18 胸つい神経 16
自律神経 20 17 すい臓 16 腰つい神経 17
血液循環 21 腎臓 20 皮膚 22 仙骨神経 16
心臓 19 ひ臓 15 関節 20 気管支 16
肺臓 17 肝臓 21 けいつい神経 18 ストレス 20

共鳴磁場計測の数値とは

±0を起点として、-21~+21の範囲で表現されます。+15以上があらゆる生命にとって有効であり、+21に近ければ近い程、あらゆる物質との共鳴度合いが高く、有効であると言われます。

株式会社 生命環境工学中根研究所 中根滋工学博士の研究より

+21をオーバーして表現される場合もありますが、これはその物質が持つ微弱な生命エネルギー(波動)が最も強いことを示しています。

デトックス効果

デトックスとは「解毒」、つまり体内の毒素を排出することを意味します。
私たちは日々の生活の中で、知らず知らずのうちに毒素や有害物質を、食べ物や環境を通して体内に取り込んでしまっています。
毒素や有害物質は、体内に蓄積するとアレルギーや食欲不振、頭痛、腰痛、冷え性、肩こりなどの症状を引き起こします。
体が本来持っている力を取り戻し、体の機能が正常になって新陳代謝を高めることで、健康な体、美しい肌を取り戻そうというのが、「デトックス」なのです。

デトックスには日帰り温泉 日帰りで気軽に温泉を楽しめる、デトックスに最適なプランのご紹介

最近、テレビや雑誌などでは、岩盤浴やゲルマニウム温浴、遠赤外線サウナやデトックスエステなど、様々なデトックスの方法が紹介されています。
ところが、このデトックスをより効果的に行なえると言われているのが、実は「温泉」なのです。
温泉の成分が、体の新陳代謝を高め、体内に蓄積した毒素や有害物質を体の外へ排出するのを助けてくれます。
ホテル多度温泉では、宿泊しなくても入浴ができる「日帰り温泉パック」をご用意しておりますので、本格的なデトックスを簡単・手軽に行なうことができます。
ご家族やご友人と一緒に、温泉で日頃の疲れを癒してはいかがでしょうか?

個室露天風呂でもっとのんびりお部屋付日帰り温泉パック

デトックスのための入浴方法 入浴によるデトックス効果を得られる方法をご紹介

入浴によるデトックス効果を得られる方法をご紹介します。
繰り返し入浴することで、体の中からキレイになっていくのが実感できるはずです。

半身浴で「じんわり」した汗をかく

急激な血圧の上昇を防ぐために、心臓から遠い足のつま先から徐々に全身にお湯をかけ、体が慣れたところで半身浴をします。
汗をたくさんかくことは、体内にたまった毒素を排出する第一段階です。
半身浴のポイントは「じんわりとした汗」をかくことです。
気温の変化によって出てくる汗は、サラリとしたものですが、意識的に発汗作用を高める半身浴での汗は、皮脂腺から分泌される汗なのです。
これが「じんわりとした汗」で、これに含まれる脂の中には、体内に蓄積された毒素や有害物質が含まれています。
つまり半身浴はデトックス効果の高い入浴法なのです。

半身浴
お湯は40度前後のぬるめの温度・お湯の量はおへそのあたりまで。 半身浴

シャワーを使ってリンパを刺激する

シャワーの水圧を利用したマッサージをして、リンパを刺激します。
リンパは全身に散らばっていますので、入浴で十分体が温まったら、まずは、鎖骨にシャワーを当て、全身のリンパの流れをよくします。

次に手足から、心臓へ向かうようにシャワーを当てていきます。 足はつま先からくるぶし、ふくらはぎ、ひざ、太もも、股関節の順にゆっくりと当ててください。腕も同様に指先から始め、手首、一の腕、ひじ、二の腕、肩へと順に当てていきます。このとき、シャワーの水圧は、強すぎると皮膚に負担がかかり、よくありません。

リンパとは
リンパとは、静脈に寄り添うかたちで張り巡らされたリンパ管と、その中を流れるリンパ液、足や首の付け根にあるリンパ節の総称です。
リンパ液は、別名「白い血液」とも呼ばれ、体内を巡って老廃物を回収し、汗や尿として体の外に排出する働きをしています。
まず、鎖骨から

初めにシャワーを当てるのは、リンパ管と静脈が交わっている鎖骨から。
こうすることで、リンパ液の循環がよくなります。 そして、手先、足先など体の末端部分から徐々に心臓へ向かって当てていきます。

手足に当てるときは、左から

心臓に急な刺激を与えないよう、手も足も左側からシャワーを当てるようにします。
腕なら、指先・手首・一の腕・ひじ・二の腕・肩の順に。足なら、つま先・くるぶし・ふくらはぎ・ひざ・太もも・股関節の順に、ゆっくりとシャワーを当てます。

リンパマッサージをする

手のひらや指を使った「リンパマッサージ」は、基本的にマッサージする箇所は、シャワーのときと同じです。 リンパ液は皮膚の表面近くを流れているので、軽くさすったり押したりするだけで充分です。マッサージの力が強すぎると、反対にむくみや血行障害を起こしかねませんので、注意して下さい。
全身を流れるリンパ液はリンパ節で合流し、心臓へ向かいます。この体の末端から心臓へというリンパ液の流れに逆らわないことが大切です。
マッサージの方法は2通りあります。足など範囲の広い部分は手のひら全体を使いましょう。首など皮膚が柔らかい部分は親指以外の4本の指でさすります。

体の主な部分のリンパマッサージの仕方
  • 足の付け根

    骨盤から太ももの付け根に向かって4本の指で足の付け根にあるリンパ節をさすります。

  • 鎖骨

    鎖骨のくぼんでいる部分に4本の指をそろえて置き、軽く押したり円を描くようにマッサージします。

  • 首

    両手の指を揃えて耳の下に当て、頸部リンパ節のある首筋に沿って、上から下へさすります。

  • 足首

    くるぶしやアキレス腱の周辺に溜まったリンパ液をほぐすような気持ちで、マッサージします。

  • ふくらはぎ

    両手で片方の足首をつかむように握り、ひざへ向かってゆっくりと手を引き上げていきます。

  • ひざの裏

    ひざの裏のくぼみの部分に指を添え、下から軽く押し上げたり、小さく円を描くようにマッサージします。

  • わきの下

    腕を上げ、脇の下のくぼみにもう一方の手の指を揃えます。心臓に向かってさすったり、円を描くようにマッサージします。

ぬるめのお湯で全身浴をする

最後に、40度以下のぬるめのお湯に5~10分の全身浴をして、体全体をしっかり温めます。
これらのデトックス入浴を実践すると、たくさん汗をかきますので、入浴の前、入浴の途中、そして入浴後と、こまめに水分補給をするように心がけましょう。
こうすることで、活発な利尿作用にもつながって老廃物を出してくれます。

深呼吸でもデトックス効果 体の内部をマッサージする効果があるというデトックス呼吸法をマスターしましょう

深呼吸をすることで、体の内部をマッサージする効果があると言われています。
これは、大量の空気が肺の中を出入りすることで、その周辺の筋肉が大きく運動するからです。
デトックス呼吸法のやり方は、まず肺の空気をできるだけ吐ききってから息を止め、その後、鼻からゆっくりと息を吸います。そして、一度軽く息を止めて、首、肩、手足と体の力を抜き、リラックスした状態で、口から息を吐いていきます。体の中の毒素を吐ききるというイメージを持って呼吸するのがポイントです。
デトックス呼吸法をマスターしたら、普段の生活でもこの深呼吸を意識しましょう。

デトックス呼吸法

  1. まず、肺から十分に空気を吐き、そして、鼻からゆっくりと息を吸う。
    首と肩は力を入れた状態にしておきます。

  2. 息を吸いきったら、止めたまま首から肩の順に力を緩めていきます。

  3. 力を緩めながら、口から細く長くゆっくりと、息を吐き出していきます。

食べて・飲んで デトックス デトックス食事法で、内側からキレイに

食べてデトックス

デトックスの食事法の基本は、3つあります。
1つ目は、「毒素を封じ込める食材」です。
ニンジン、ピーマン、インゲンなどの緑黄色野菜に含まれるセレンや亜鉛は、体の中で毒素を封じ込める働きがあります。
2つ目は、「毒素を体外へ排出する食材」です。
大豆などの豆類やゴボウ、ワカメ、コンニャクなどの食物繊維が多い食材は、毒素を体の外へ排出する働きがあります。また、便秘を防いだり、腸内の悪玉菌の増殖を抑える働きもします。
3つ目は、「解毒作用を助ける食材」です。これは、タウリンが含まれる貝類やタコ、イカやアルギン酸のあるコンブ、ワカメ。イソチオシアネートを含むキャベツ、ブロッコリー、大根などは、肝機能を高め、解毒作用を助けてくれます。

飲んでデトックス

体内の毒素の約20%は、尿より排出されます。
そのため、普段の生活において、水分補給はとても重要になります。水分をたくさん補給することで、体内の老廃物がすばやく排出され、同時に新陳代謝を良くし、胃腸を活発にしてくれます。
そのため、朝・晩や入浴前にコップ一杯の水を飲むことを習慣にすることが大切です。その際、水道水はできるだけ避け、ミネラルウォーターや浄水器の水を飲むようにしましょう。
水のほかには、ハーブティーが昔から解毒作用があると言われております。