• 宿泊予約専用電話
  • TEL:0594-49-3111

Natural Monument
Birds

三重県桑名市にあるホテル多度温泉は、東建多度カントリークラブ・名古屋に隣接したゴルフと天然温泉で優雅なときが過ごせるリゾートホテル。ウォーキングやカートドライブ、サイクリングなどでゴルフコースを回ることも可能です。四季それぞれの姿を見せるゴルフコースには、数々の鳥類やほ乳類、魚、昆虫が生息しています。

動物・植物図鑑「花鳥魚園」の「天然記念物の鳥」では、鶏舎や中庭に生息している天然記念物の鳥を一覧にてご紹介します。天然記念物の鳥の写真を見ることはもちろん、詳しい生態や特徴を解説。さらに「東建多度カントリークラブ・名古屋」に訪れた際、どこで天然記念物の鳥を見ることができるか分かるように、地図で見られる場所を印しました。

カツラチャボ

カツラチャボ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約35センチ
メス:約25センチ
種 類 家禽
分 布 日本
生息地 東京都、千葉県、神奈川県、
埼玉県、群馬県、静岡県、大阪府

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

チャボはニワトリの一種で、愛玩用として小型に改良されたものです。小さい体、短い脚など、どこか品位のある可愛らしさは世界的に人気があります。尾羽が大きく直立しているのも特徴のひとつです。江戸時代初期、ベトナムのチャンバより渡来したことから、「チャボ」(矮鶏)と名付けられました。
カツラチャボ(桂矮鶏)は、赤、白、黒のコントラストが美しく、体の羽毛は白色ですが、尾羽だけは黒いのが特徴です。
【写真:オス】

ギンザサチャボ

ギンザサチャボ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約35センチ
メス:約25センチ
種 類 矮鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 東京都、千葉県、埼玉県、
神奈川県、
群馬県、静岡県、
大阪府、熊本県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

チャボはニワトリの一種で、愛玩用として小型に改良されたものです。小さい体、短い脚など、どこか品位のある可愛らしさは世界的に人気があります。尾羽が大きく直立しているのも特徴のひとつです。
江戸時代初期、ベトナムのチャンバより渡来したことから、「チャボ」(矮鶏)と名付けられました。
ギンザサチャボ(銀笹矮鶏)は、体の上半分が銀色(白とグレーのまだら)なのが特徴です。
【写真:オス】

クロチャボ

クロチャボ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約35センチ
メス:約25センチ
種 類 矮鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 東京都、千葉県、埼玉県、
神奈川県、
群馬県、静岡県、
大阪府、熊本県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

チャボはニワトリの一種で、愛玩用として小型に改良されたものです。小さい体、短い脚など、どこか品位のある可愛らしさは世界的に人気があります。尾羽が大きく直立しているのも特徴のひとつです。
江戸時代初期、ベトナムのチャンバより渡来したことから、「チャボ」(矮鶏)と名付けられました。
クロチャボ(黒矮鶏)は、体の全体がツヤのある黒色なのが特徴です。
【写真:オス】

サツマドリシロザサ

サツマドリシロザサ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約80センチ
メス:約60センチ
種 類 薩摩鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 宮崎県、鹿児島県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

天然記念物指定を受けた薩摩鶏(さつまどり)をなんらかの鶏と掛け合わせることにより 在来種の血液割合が50%以上のものを薩摩地鶏と呼びます。
現在、薩摩地鶏と称されて販売されているものの殆どは、いわゆる薩摩鶏とは別種の廃鶏・親鳥で、本来JASにのっとった薩摩地鶏は殆どいません。
首から背中にかけて白い笹のような羽が生えているためシロザサ(白笹)と呼ばれています。
【写真:オス】

ショウコク

ショウコク
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約70センチ
メス:約44センチ
種 類 小国鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 三重県、京都府、
滋賀県、四国地方

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

ショウコク(小国)は、セキショクヤケイから作り出された鳥で、平安時代に唐から渡来したと言われています。
元々は闘鶏の花形として活躍していましたが、外見の美しさから、現在では観賞用として愛されています。
また、尾長鶏・声良・唐丸など、多くの日本鶏を作り出すための基礎として用いられています。
【写真:オス】

シロチャボ

シロチャボ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約35センチ
メス:約25センチ
種 類 矮鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 東京都、千葉県、埼玉県、
神奈川県、
群馬県、静岡県、
大阪府、熊本県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

チャボはニワトリの一種で、愛玩用として小型に改良されたものです。小さい体、短い脚など、どこか品位のある可愛らしさは世界的に人気があります。尾羽が大きく直立しているのも特徴のひとつです。
江戸時代初期、ベトナムのチャンバより渡来したことから、「チャボ」(矮鶏)と名付けられました。
シロチャボ(白矮鶏)は、体の全体が白色なのが特徴です。
【写真:オス】

トウテンコウ

トウテンコウ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約75センチ
メス:約55センチ
種 類 家禽
分 布 日本
生息地 高知県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス中庭

クラブハウス中庭

トウテンコウ(東天紅)は、非常に長く鳴き続けることができるニワトリで、日本三大長鳴鶏のひとつに数えられています。
その鳴き声は、世界で最も長く鳴くとされ、25秒間鳴き続けたという記録もあります。
トウテンコウ(東天紅)と言う名前も、夜明けの東の空が紅に染まる頃、天性の美声で鳴き続けることから命名されたと言われています。
【写真:オス】

トウマルシロ

トウマルシロ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約90センチ
メス:約70センチ
種 類 蜀鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 新潟県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

トウマル(唐丸)は、江戸時代初期に中国より渡来したニワトリを、新潟県の山間部で、長時間鳴くことができるように改良されたとされ、日本三大長鳴鶏のひとつに数えられています。
その鳴き声は、山を越えた隣の村まで声が届いたという伝説があるほど、音量が豊かで、力強く張りのある声が特徴です。トウマルシロ(唐丸白)は、体の全体が白いのが特徴です。
【写真左:メス 右:オス】

ミノヒキチャボ

ミノヒキチャボ
目/科 キジ目/キジ科
全 長 オス:約35センチ
メス:約25センチ
種 類 矮鶏(日本鶏)
分 布 日本
生息地 高知県

当ホテルで見られる場所

クラブハウス前 鶏舎

クラブハウス前 鶏舎

チャボはニワトリの一種で、愛玩用として小型に改良されたものです。小さい体、短い脚など、どこか品位のある可愛らしさは世界的に人気があります。尾羽が大きく直立しているのも特徴のひとつです。
江戸時代初期、ベトナムのチャンバより渡来したことから、「チャボ」(矮鶏)と名付けられました。
ミノヒキチャボ(蓑曳矮鶏)は、体の上半分が赤茶色で、蓑(みの)を羽織っているように見えるのが特徴です。
【写真:オス】

  • ホテル中庭ライブカメラ
  • レース用伝書鳩
  • 多度の鳥 写真集

ページ
トップへ

ページトップへ