• 宿泊予約専用電話
  • TEL:0594-49-3111

Trees(Spring)

三重県桑名市にあるホテル多度温泉は、東建多度カントリークラブ・名古屋に隣接したゴルフと天然温泉で贅沢なときが過ごせるリゾートホテル。ウォーキングやカートドライブ、サイクリングなどでゴルフコースを回ることも可能です。四季それぞれの美しい姿を見せるゴルフコースには、様々な種類の植物が見られます。

動物・植物図鑑「花鳥魚園」の「春に花期を迎える樹木」では、敷地内で春に開花時期を迎えるソメイヨシノやツツジ、ハナモモといった樹木を一覧でご紹介。バラエティに富んだあらゆる色彩の花の写真が見られるだけでなく、その特徴とゴルフコース内で観察できる場所もまとめています。

美しく咲き誇る花々の世界をお楽しみ下さい。

アオキ

アオキ
ミズキ科
園芸
分類
常緑低木
高 さ 1~2m
花 期 3~5月

当ホテルで見られる場所

1番・2番・13番

1番・2番・13番

アオキは、日本原産の樹木で、北海道南部~沖縄までの森林に自生しています。また日陰にも良く育ち、庭園や公園の植え込みに植栽され、外国でも栽培されています。葉は苦味健胃作用があり、有名な陀羅尼助(だらにすけ)に配合されています。葉が常緑で、いつも青々としていているため、学名(属名)のAucuba(アウクバ)は、アオキバ(青木葉)に由来し、日本の古来種であることを示しています。

アメリカスズカケノキ

アメリカスズカケノキ
スズカケノキ科
園芸
分類
落葉高木
高 さ 10~30m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

2番・13番

2番・13番

アメリカスズカケノキは、北米原産のプラタナスの一種です。中近東原産のスズカケノキとアメリカスズカケノキの雑種がモミジバスズカケノキで街路樹としてよく植栽されている。

イチョウ

イチョウ
イチョウ科
園芸
分類
落葉針葉高木
高 さ 20~30m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

1番・8番・17番

1番・8番・17番

イチョウは、中国から日本に渡来しました。葉が扇形をしているので広葉樹と思われがちですが、針葉樹です。雌雄異株で、4月頃に開花して受粉し、種子が成熟する直前の10月頃に受精します。種子の中の胚乳(はいにゅう)は銀杏(ぎんなん)として食されます。イチョウは生育が速く、防火力があって煙害に強い木としても知られています。庭木などの他、街路樹としても用いられ、秋の青空を背景とした黄葉の美しさには思わず目を奪われます。

カキノキ

カキノキ
カキノキ科
園芸
分類
落葉高木
高 さ 5~10m
花 期 5~6月

当ホテルで見られる場所

10番

10番

カキノキは、雌雄同株であり、5月頃に白黄色の地味な花を付けます。果実は柿(かき)と呼ばれ、秋に橙色に熟します。葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがあり、未熟の果実はタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられます。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は、寒冷地)で果樹として栽培されています。

カルミア

カルミア
ツツジ科
園芸
分類
常緑広葉低木
高 さ 1~2m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

2番

2番

カルミアは、別名アメリカシャクナゲとも呼ばれる常緑性の中低木です。花色はピンク、白、赤などが主で盃状の花を枝の先端に数十輪付けます。別名がアメリカ~と付くように原産はアメリカで約7種類が分布しています。日本には昭和の初めに導入されましたが、人気が出て普及したのは戦後だと言われています。現在では園芸品種も豊富にありバラエティーに富んでいます。

クスノキ

クスノキ
クスノキ科
園芸
分類
常緑高木
高 さ 20~30m
花 期 5~6月

当ホテルで見られる場所

1番・2番・4~18番・駐車場周辺

1番・2番・4~18番・
駐車場周辺

クスノキは、本州中南部、四国、九州、琉球、済州島、台湾、中国南部、インドシナに分布します。漢字は樟で、楠はタブノキです。各地で名前が分からないためナンジャモンジャと言われている物にはクスノキが多いです。高さは、30mまでになり、ときに老大木で直径5mに達する物もあります。

クロマツ

クロマツ
マツ科
園芸
分類
常緑高木
高 さ 20~30m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

9番・10番・12番・16番・18番・クラブハウス周辺

9番・10番・12番・16番・
18番・クラブハウス周辺

クロマツの針葉は二葉で、樹皮は灰黒色で厚く、亀甲状に割れ目が入りはがれます。アカマツと比較して黒っぽい樹皮をしており、名前はこれによります。針葉もアカマツより硬く、枝も太いことから、別名「雄松」(オマツ)とも呼ばれます。汚染と塩害に強いために、街路樹や防潮林に使われます。いわゆる浜にある松原はクロマツで構成されています。また、一般的な園芸用樹種であり、古来から盆栽用の樹種としても使われています。

ケヤキ

ケヤキ
ニレ科
園芸
分類
落葉高木
高 さ 20~25m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

1番・3番・4番・7番・8番・10番・17番・駐車場

1番・3番・4番・7番・8番・
10番・17番・駐車場

ケヤキは、東アジアの一部と日本に分布しています。日本では本州、四国、九州に分布し、暖地では丘陵部から山地、寒冷地では平地まで自生しています。ツキ(槻)とも呼ばれます。街路樹や庭木などとしてよく植えられます。高さ20~25mの大木になるため、巨木が国や地方自治体の天然記念物になっていることがあります。

コデマリ

コデマリ
バラ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 1~2m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

2番

2番

コデマリは、中国原産の落葉低木で春に花を咲かせます。1cm程度の真っ白な小花が直径3cmほどの半球状にまとまり、枝に沿って並ぶその姿は非常に愛らしく、そのまとまって付く花の姿が小さな手鞠のように見えるのでこの名前があります。1本の枝には20個ほどの手鞠状の花のかたまりが付きます。日本に渡来した正確な時期は不明ですが、少なくとも江戸時代以前には渡来していたと言われています。

コブシ

コブシ
モクレン科
園芸
分類
落葉小高木~高木
高 さ 5~15m程度
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

3番・15番・駐車場

3番・15番・駐車場

コブシは、3~4月にかけて、新芽が出るよりも早く、枝先に直径6~10cmの芳香のある白い花を咲かせます。花弁は6枚で基部は紅色を帯び、花の下に葉が1枚つくのが特徴です。日本ではコブシの花が咲くのを目安にして農作業を始める地方もあり、別名「田打ち桜」とも呼ばれています。

サクランボ

サクランボ
バラ科
園芸
分類
落葉高木
高 さ 15~20m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

3番

3番

サクランボは、桜桃(おうとう)とも呼ばれ、バラ科サクラ属の落葉高木、及びその果実を指します。果実は丸みを帯びた赤い実が多く、品種によって黄白色や葡萄の巨峰のように赤黒い色で紫がかった物もあります。

ツツジ類

ツツジ類
ツツジ科
園芸
分類
常緑低木
高 さ 0.5~1.5m
花 期 5~7月

当ホテルで見られる場所

1~9番・11~18番・進入路・クラブハウス周辺

1~9番・11~18番・進入路・
クラブハウス周辺

ツツジ属の植物の総称である。ただし、日本ではこの中に含まれるツツジやサツキ、シャクナゲとを古くから分けて呼んでおり、これらはしばしば学術的な分類とは食い違う。最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定されている。
※写真はサツキツツジ
※多度には、この他アカヤシオ・オオムラサキツツジ・キバナツツジ・クルメツツジ・シャクナゲツツジ・シャクナゲ・ヒラドツツジなどがあります。

シダレザクラ

シダレザクラ
バラ科
園芸
分類
落葉高木
高 さ 3~20m
花 期 3月下旬~4月

当ホテルで見られる場所

5番茶店・IN練習Green・10番・11番

5番茶店・IN練習Green・
10番・11番

日本の国花のサクラは、美しさも種類の多さも群を抜いています。その中で、シダレザクラは、ヤマザクラ、ヒガンザクラ、オオシマザクラ、サトザクラなどと共によく知られ、花の美しさと共にしだれる枝ぶりの優雅さを楽しめます。

シャリンバイ

シャリンバイ
バラ科
園芸
分類
常緑低木
高 さ 1~4m
花 期 5~6月

当ホテルで見られる場所

7番・8番

7番・8番

シャリンバイは、東北地方南部以南から韓国、台湾までの海岸近くに野生しています。また、栽培されることも多いようです。葉は楕円形で厚く、深緑色でつやがあり、多くの場合、枝先に集中する傾向があります。5月頃、白または淡紅色の5弁の花を付けます。果実は黒紫色の液果で秋から冬にかけて熟します。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノ
バラ科
園芸
分類
落葉高木
高 さ 10~15m
花 期 4月

当ホテルで見られる場所

駐車場

駐車場

ソメイヨシノは、高さ10m以上にもなる落葉高木です。日本代表樹のひとつで、春先に葉が芽吹く前に開花します。赤みかかった白色で、見頃は約1週間程度しかありません。エドヒガンザクラとオオシマザクラの種間雑種として考えられています。庭園、公園、川の土手沿いなどに植栽され親しまれています。

タブノキ

タブノキ
クスノキ科
園芸
分類
常緑高木
高 さ 15~20m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

1・3・4・10・11・12・13・14・16番・クラブハウス

1・3・4・10・11・12・
13・14・16番・クラブハウス

タブノキは、主に自然園や公園などに植栽され、潮にも強いので防潮林としても用いられます。葉は先端は尖っており、長さ10~13cmほどです。4~5月頃、黄緑色の花を咲かせます。果実は平らな球状で、6~7月に紫黒色に熟します。樹皮や葉は染料として用いられます。

ツゲ類

ツゲ類
ツゲ科
園芸
分類
常緑低木
高 さ 1~3m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

2番・4番・5番・6番・7番・8番・火水風・ クラブハウス周り・ヘリポート周り・ヤード木

2番・4番・5番・6番・7番・
8番・火水風・クラブハウス周り・
ヘリポート周り・ヤード木

ツゲは、梅雨時に葉が黄色になることから、「つゆき」(梅雨黄)がしだいに「つげ」に変化したと言われています。漢名は「黄楊木」。小さい黄色の花が枝先に咲きます。材は緻密で堅く、印材、定規、櫛、将棋の駒などに用いられます。
※写真はキンメツゲです。

ツバキ

ツバキ
ツバキ科
園芸
分類
常緑低木~高木
高 さ 1~20m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

13番・14番・クラブハウス

13番・14番・クラブハウス

日本に自生する主なツバキは、山地や沿海地に生え、大きな物は高さが10~15mになるヤブツバキ系と、日本海の標高300~1,000mの山地に生え、高さが1~2mのユキツバキ系の2つがあります。これらが世界各国に渡って品種改良が行なわれ、咲き方や花色、大きさなどの異なる園芸種が現在では2,000~3,000種類あると言われています。一般的にツバキは生育が遅く、潮風や大気汚染には強いといった特徴があります。開花期の中心は3~4月ですが、早い物は9月頃から咲き始め、遅い物は5月上旬まで咲いています。

ドウダンツツジ

ドウダンツツジ
ツツジ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 1~3m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

3番・9番

3番・9番

ドウダンツツジの開花時期は4~5月で、公園などに多く植えられています。春に枝先にぶら下がるように咲く壷状の白い花が特徴的です。また、樹形や秋の紅葉も美しく、年間を通して楽しむことができます。管理もしやすいため、一般家庭にも多く植えられています。刈り込んで玉物や生垣などに、また、放任しても自然で美しい樹形が楽しめます。

トキワマンサク

トキワマンサク
マンサク科
園芸
分類
常緑小高木
高 さ 3~5m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

4番・12番・13番・15番

4番・12番・13番・15番

トキワマンサクは、中国南部・インド東北部に生育し、日本においても静岡県湖西市、三重県伊勢神宮、熊本県荒尾市に生育するとされる常緑小高木です。常緑であるのでトキワと言われます。他のマンサクが早春に咲くのに対して、トキワマンサクの花は4~5月に咲きます。庭木として植えられることが多いが、自生地は限られています。日本には、熊本、三重、静岡の3ヵ所にしか自生していません。

トベラ

トベラ
トベラ科
園芸
分類
常緑低木
高 さ 2~6m
花 期 4~6月

当ホテルで見られる場所

7番・8番

7番・8番

トベラは、本州の岩手県以南から台湾までの海岸に分布する常緑低木です。海岸の崖地などに生育しますが、乾燥に強いことから庭園や公園、道路の緑化帯などに広く植栽されており、内陸の森林中にも稚樹がみられることがあります。雌雄異株であり、4月から6月にかけて白色から淡黄色の花を咲かせます。和名の由来は、樹木全体に悪臭があり、とびらに刺して魔よけにしたことからと言われています。

ナナミノキ

ナナミノキ
モチノキ科
園芸
分類
常緑高木
高 さ 5~12m
花 期 6月頃

当ホテルで見られる場所

11番

11番

ナナミノキは、暖地の山間に自生し、高さは5~12m程度になります。6月頃、葉の脇に直径5mmほどの淡紫色の花が咲き、秋には直径6mm程度の球形の実が赤く熟します。また、ナナミノキは、印鑑や櫛の材料として用いられます。

ハナミズキ

ハナミズキ
ミズキ科
園芸
分類
落葉小高木~高木
高 さ 5~12m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

2番・4番・7番

2番・4番・7番

ハナミズキは北米原産で、別名アメリカヤマボウシとも呼ばれます。1912年(大正元年)に当時の東京市長がアメリカにサクラを贈った返礼として渡来し、庭などに植栽されました。花色は白とピンクの他、赤と白の入り方が多様な園芸種が開発されています。花は4~5月頃付けますが、一見花びらに見えるのは植物学的には苞(ほう=花や花序の基部につく葉)で、その中央に黄色を帯びた小さな花弁が本当の花です。ハナミズキは秋には美しく紅葉し、実が真っ赤に熟します。

ハナモモ

ハナモモ
バラ科
園芸
分類
落葉小高木
高 さ 2~6m
花 期 3月下旬~4月

当ホテルで見られる場所

7・12・15番

7・12・15番

ハナモモは、ひなまつりの花として日本でも古くから馴染みの深い落葉性の木です。花色はピンクの他に白、赤などがあり、花の形もキクのような形の花を咲かせる物などがあります。ハナモモは、その名の通り花を鑑賞することを目的とされており、実は小さくて食用には適しません。

ピラカンサ

ピラカンサ
バラ科
園芸
分類
常緑低木
高 さ 2~3m
花 期 5~6月

当ホテルで見られる場所

1番・12番

1番・12番

ピラカンサとは、バラ科トキワサンザシ属の種類の総称で、日本ではトキワサンザシ、タチバナモドキ、カザンデマリの3種類が多く栽培されており、これらをピラカンサと呼んでいます。常緑性の低木で、春に白い小花を咲かせ、秋から冬にかけて赤や柿色のつややかな果実を付けます。

ボケ

ボケ
バラ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 1~2m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

8番・男子風呂

8番・男子風呂

ボケは、中国原産の樹木です。実が瓜のような形であるところから「木瓜」を「もっけ」と呼ばれていましたが 次第に「もけ」から「ぼけ」になったと言われています。

マキノキ

マキノキ
マキ科
園芸
分類
常緑高木
高 さ 15~25m
花 期 5~6月

当ホテルで見られる場所

クラブハウス周辺・18番

クラブハウス周辺・18番

マキノキと言えば多くの場合、イヌマキのことを言います。イヌマキは、雌雄異株の裸子植物で庭木や生け垣によく用いられています。マキ属の樹木は暖温帯から熱帯の山地にかけておよそ100種が分布すると言われ、日本にはイヌマキとナギがあります。また、イヌマキの変種でもっと葉の形の小さいラカンマキがあり、これは中国から来たとされています。

ミカン

ミカン
ミカン科
園芸
分類
常緑小高木~高木
高 さ 1~7m
花 期 5月頃

当ホテルで見られる場所

1号調整池・12番

1号調整池・12番

ミカンは、ミカン科の柑橘(かんきつ)類のうちミカン属に属する物の総称で、種類としてはウンシュウミカン、ナツミカン、スダチ、イヨミカン、ハッサク、ダイダイ、キンカン、ブンタン、ユズなどがあります。実を楽しむ樹木として近年人気があります。

ミツマタ

ミツマタ
ジンチョウゲ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 1~2m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

3番

3番

ミツマタは、樹皮が和紙や紙幣の原料となる木です。慶長年間に中国から伝わったと言われています。ミツマタの名の由来は、文字通り枝が3本に分かれて出るところから来ています。もともとは製紙用の木ではありますが、花木としても魅力があります。

モクレン

モクレン
モクレン科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 2~5m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

5番・8番

5番・8番

モクレン、ハクモクレンを代表とするモクレン類は世界でもポピュラーな花木のひとつで、海外ではマグノリアと呼ばれています。日本では春を告げる花として、古くから庭木などに親しまれてきました。一般的に「モクレン」と言うと「シモクレン」のことを指すことが多いようです。中国原産の落葉性の花木です。

ヤマモモ

ヤマモモ
ヤマモモ科
園芸
分類
常緑高木
高 さ 20~25m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

1番・7番・駐車場

1番・7番・駐車場

ヤマモモは、3~4月に短い尾状の花穂を葉の脇に付け、雄花は黄褐色、雌花は緑色をしています。6~7月には、球形の果実が暗紅紫色に熟し、食用にされます。ヤマモモの実は、その美味しさから実を採るための品種も開発されていますが、その大半は雌木であるため、実を取るのであれば雄木も一緒に植えます。

ユキヤナギ

ユキヤナギ
バラ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 1~2m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

3番・6番・7番・8番・12番

3番・6番・7番・8番・12番

ユキヤナギは、本州の関東以西、四国、九州に分布する落葉の低木です。高さは1.5mほどになり、幹の上部はしだいに垂れます。庭園や公園などに広く植栽されています。自生地は川沿いの岩場などであり、洪水時には水が洗うような場所です。近年はダムなどの建設によって洪水が少なくなり、次第に生育地が減少しつつあります。

ライラック

ライラック
モクセイ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 2~4m
花 期 4~5月

当ホテルで見られる場所

2番・12番・15番

2番・12番・15番

ライラックは、モクセイ科ハシドイ属の落葉樹で、ヨーロッパ原産です。春に紫色・白色などの花を咲かせ、香りがよく香水の原料にもなります。ライラックの呼称は英語の仮名転写に由来し、他にフランス語由来のリラでも呼ばれます。和名はムラサキハシドイ(紫丁香花)です。

レッドロビン

レッドロビン
バラ科
園芸
分類
常緑小高木
高 さ 5~10m
花 期 5~6月

当ホテルで見られる場所

1番・4番・15番・進入路

1番・4番・15番・進入路

レッドロビンは、春先に葉が紅葉し、冬に緑色となる一風変ったバラ科カナメモチ属の常緑小高木です。「セイヨウベニカナメモチ」と呼ばれたりもするようです。ベニカナメモチとオオカナメモチの交雑種で、葉はカナメモチやベニカナメモチより大きくやわらかいです。

レンギョウ

レンギョウ
モクセイ科
園芸
分類
落葉低木
高 さ 2~3m
花 期 3~4月

当ホテルで見られる場所

7番・男子風呂・14番

7番・男子風呂・14番

レンギョウは、中国原産の落葉低木です。早春に咲く樹木としてよく目立ち、公園や庭園などに植栽されています。中国でもよく路側帯などに植栽されており、春を彩る植え込みのひとつとなっています。

  • 多度の四季 写真集
  • 多度百景
  • 石楠花 写真集
  • 多度の薔薇 写真集

ページ
トップへ

ページトップへ